前へ
次へ

自分が好きな食べ物はどんどん食べたい

好ましい物と嫌いな物では、目にしたときのテンションが違います。
私はフライドチキンが大好きですが、嫌いな梅干しも一緒に食べなくてはならないと知った場合テンションが一気に下がってしまいます。
好きな物がたくさんある人は、同じだけ嫌いな物があり、それぞれを比較しながら生きているのが現実です。
私も好き嫌いは多く、アレルギーでもないのにしいたけが食べられなかったりします。
食事は健康の元になりますので、できるだけ好き嫌いはしないように努力はしていますが、一度嫌いになってしまった物はとことん嫌で、逆に自分が好きな物はどんどん食べたくなります。
これは人間の食欲の関係もあり、仕方ない部分だと今では感じています。
丁寧に作られた料理は人の気持ちを穏やかにしてくれて、私は豆腐のお味噌汁などが大好きです。
嫌いな物が給食で出た時でも、これがあれば最後まで食べることができました。
食事はさまざまな思い出を残し、今も私を支えてくれています。

Page Top