前へ
次へ

生のトウモロコシを簡単に加熱したいとき

生のトウモロコシを食べる方法として、屋台などで売られている焼トウモロコシがあるかもしれません。
醤油などをつけて焼くことで香ばしくなり、辛みと甘みが絶妙の食べ物になります。
ただ焼くとなると火加減などをしっかり見ないといけないので家事をしながら子供のおやつを作ろうとするときは少し無理があるかもしれません。
もう少し手軽にトウモロコシでおやつを作るなら、茹でトウモロコシがあるでしょう。
お湯を用意して茹でても作れますが、一般的にはラップでくるんで電子レンジで加熱する方法を取る人が多いです。
茹でるのとほぼ同じような出来ですし、茹でると出る栄養分も閉じ込められるメリットがあります。
では皮付きのトウモロコシがあるときは皮を剥いてラップをまいてレンジで加熱をするかですが、この時はある画期的な方法で加熱してみましょう。
それはそのまま加熱する方法です。
皮がラップと同じような役割をしてくれ、皮の風味が移ってラップで加熱するのとは異なる味わいが楽しめます。

Page Top